HERE WE 5

「バスケ狂の豚」が興味のある試合について結果やスタッツなどをお伝えするバスケットボールブログ

 

動機


Edit Category 小説
悲愴感溢れる推理小説

 本書は四編からなる短篇小説である。第五回松本清張賞を獲得したデビュー作『陰の季節』に続く二作目。デビュー作も短篇であり、その実力は松本清張賞受賞が証明していよう。

 表題作で冒頭の「動機」は、お得意の警務課調査官貝瀬が主人公の作品。警察官の名刺代わりの警察手帳。その大量紛失。最後は己のプライドと保身のために犯人を追い詰める。ちなみに前作『陰の季節』で全編に登場した二渡の名がここにも。

 次は「逆転の夏」。殺人を犯し服役、そして仮出獄した山本。山本の社会復帰に協力する保護司の及川老人。及川老人のおかげでようやっとつかんだ平凡な生活。ある日、その生活を脅かす電話が。カサイという男性から属託殺人の依頼である。そして山本、及川、カサイの三角関係が思わぬ方向に展開する。

 そして「ネタ元」は、新聞記者が主人公。女性記者の水島は警察署に詰める事件記者である。時代に取り残されたかのように男尊女否的世界の新聞記者たちや営利至上主義の会社のなかで、ひとりがんばる水島。それが報われるように大手紙から引き抜きの話しが。最後に花を添えようと、以前から追っている事件でスクープを取るためにネタ元へ。しかしネタ元は拒否。なぜ・・・・!?

 最後に「密室のひと」。裁判官である安斉は、とある裁判中に居眠りをしてしまう。そして、この居眠りをきっかけに安斉は依願退職へと追い詰められる。だが、安斉はある推理をする。この居眠りがもしも人為的なものであったら・・・・!?

 すべてにおいて、それほど難解な推理小説ではない。犯した過ちを隠すための過ち。理由さえ掴めればたわいもない。しかし、過ちの上塗りにはその人なりのあらゆる思いが込められており、それを踏まえて悲愴感溢れる推理小説に仕立ててしまう著者の力量には感服するほかはないだろう。

動機 (文春文庫) 動機 (文春文庫)
横山 秀夫 (2002/11)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


よろしければワンクリックお願いします。





Community テーマ - ブックレビュー  ジャンル - 小説・文学

阿佐田哲也麻雀小説自選集


Edit Category 小説 Tagged  麻雀 
■麻雀小説の金字塔

白發中


 本書内に収められている「麻雀放浪記」は10年以上前に1度読んで以来2度目になるが、実におもしろかった。あっという間にのめり込んでしまった。

 麻雀のルールなんて分からなくてもおもしろいはずだ。要は博打である。賭けごとの世界は勝つか負けるかのみ。みな勝つために必死で技を磨く。その技と技のぶつかり合い。それが正当なことかどうかなんて関係ない。技の精度の高さ、芸術性に感嘆し、その裏にある勝負事のアヤや人間関係がそれを高める。そのハラハラ・ドキドキ感たるや何度読んでも薄れることはないだろう。

 「麻雀放浪記」は映画化もされており、著者の最高傑作だと言い切っても過言ではない。主人公は「坊や」と呼ばれる著者本人。その坊やが一流のプロ雀士になっていく様子や博打打ちとはどんな人間なのか、勝つとどうなり負けるとどうなるのかという勝負の厳しさ、惨さ、汚さを戦後すぐの東京を中心に描かれている。

 その他に著者(坊や)が今までに出会ってきたプロ雀士を個別に書いたものがある。それぞれ使う技があって、それに勝ったり負けたり。全編とおして主人公は坊やで、ある種、著者の自伝に近いものがある。

 ちなみに阿佐田哲也はペンネーム。その由来は、徹夜麻雀をして朝を迎えた言葉、「もう朝だ。今日も徹夜か」から「阿佐田(朝だ)哲也(徹夜)」になったそうだ。麻雀を知っている人は当たり前、麻雀の「ま」の字さえ知らない人にも一読を勧めることができる麻雀小説の金字塔だ。

阿佐田哲也麻雀小説自選集 (文春文庫)阿佐田哲也麻雀小説自選集 (文春文庫)
(2002/12)
阿佐田 哲也

商品詳細を見る


よろしければワンクリックお願いします。



Community テーマ - ブックレビュー  ジャンル - 小説・文学

誘拐の果実


Edit Category 小説
■ありがちな誘拐物とはひと味違う

 やはりというか必然的に内容にのめり込んでしまった。そして、ものの見事に著者の策にハマってしまった。表面上に浮かぶ問題ばかりに気をとられ、その根幹というか深層にある小さな出来事を見逃してしまう。決して隠しているわけではない。ちゃんと書かれていたのに、そのさり気なさに記憶の扉からこぼれ落ちてしまう。布石の打ち方、打ち所はすばらしい。

 内容は、ある特殊な誘拐事件が起きる。身代金の代わりが「人の生命」という前代未聞の誘拐事件。事件解決と思いきや、そこからスタートするもうひとつの誘拐事件。二つの事件の共通項は・・・。その絡まりあった糸を解していく警察と被害者家族。その解れた糸の先に見えたものとは、いったい!?

 若者特有の純粋さだけでここまでできるものなのか。動機の部分で少し疑問符が残るのが惜しい。

誘拐の果実誘拐の果実
(2002/11)
真保 裕一

商品詳細を見る


よろしければワンクリックお願いします。



陰の季節


Edit Category 小説 Tagged  短編小説 
短編小説と感じさせない内容に感嘆するのみ

 あまり短編小説を読まない筆者が感嘆するほどの内容だ。本書は四編からなる短編小説だが、ある一人の登場人物が全編に登場する。また前編の主人公がちょい役で登場したり、各編の主人公の名前が珍しく違う編で出てきてもすぐに思い出せたりする。このようなところに短編を短編と思わせないテクニックが感じられる。

 警務課調査官、二渡真治。全編に登場する本書のキーマン。かなりの切れ者で、主に人事異動を決める。故にエースと呼ばれる。人事という切り札を握っているからだ。監察課監察官、新堂隆義。いわゆる身内の不祥事を調べる。警務課婦警担当係長、七尾友子。匂いに人一倍敏感で警察犬風にトモ号と名付けられる。警務部秘書課の課長補佐、柘植正樹。県議会対策が職務。

 いままでにこのような登場人物たちにスポットライトをあてた小説があっただろうか。ある意味、彼らのような人達が陰で支えているからこそ警察機構が成り立つわけで、警察=刑事という図式は警察機構の一角しかみてない。そのすべてにスポットライトをあて、しかも推理小説の枠を出ないで長篇物にも負けず劣らずの展開にしてしまう著者には脱帽するしかないだろう。
 
 随所に出てくる警察官が使う隠語がリアリティー感を補い、短編嫌いの方にも一読をお勧めできる一冊だ。

陰の季節 (文春文庫)陰の季節 (文春文庫)
(2001/10)
横山 秀夫

商品詳細を見る


よろしければワンクリックお願いします。



Community テーマ - ブックレビュー  ジャンル - 小説・文学

半落ち


Edit Category 小説 Tagged  警察小説 
■今までにない警察小説

 本書は、警察官、検察官、新聞記者、裁判官、看守と、逮捕後に刑務所へ送られるまでに出会う人たちからある秘密を守りぬく犯人を描くという警察小説なのだが、その視点は今までにないものである。

 キーワードは「ベルトコンベアー」。悪く言えば「たらい回し」である。実際に読んでみて、後半は後者の感が強かった。謎解きをする人が代わる代わるバトンタッチしていくのだが、謎を解けないままバトンタッチしていくので、苛立つ心を抑えることに苦労する。しかし、最後に謎が解けたときにはそんな気持ちも吹き飛んでしまうのだが・・・・。

 犯人を見てきた各人は、犯人の何かを訴える眼を見て、また権力の壁に跳ね返され、志半ばで謎を解くことを断念させられてしまう。随所に驚愕のラストへの布石が散りばめられているのだが、予想を遥かに超える内容であった。

半落ち (講談社文庫)半落ち (講談社文庫)
(2005/09)
横山 秀夫

商品詳細を見る


よろしければワンクリックお願いします。



Community テーマ - ブックレビュー  ジャンル - 小説・文学
 
11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10 12


 
 
FC2カウンター
 
フリーエリア

ジオターゲティング
 
WJBL試合結果
 
 
プロフィール

バスケ狂の豚

Author:バスケ狂の豚
小学生のころは少年野球をやっており、将来の夢は「プロ野球選手」だったが、中学生の部活見学で訪れたバスケ部の顧問が超恐い先生で、「辞めます」の一言が言えずにそのまま入部。それがターニングポイントとなり、いまではバスケ暦20年。気付いたら、「下手の横好き」で「飛べない豚」の「バスケ狂の豚」が完成していた。

 
フリーエリア
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
ブロとも申請フォーム
 
全記事表示リンク
 


ARCHIVE RSS