HERE WE 5

「バスケ狂の豚」が興味のある試合について結果やスタッツなどをお伝えするバスケットボールブログ

 

インカレ2009 女子最終結果


Edit Category バスケットボール
女子のインカレが閉幕した。

28日の準決勝を観戦してきた。
両試合とも序盤の第1Qで雌雄が決した。

[ 準決勝 ]
大阪体育大 51-73 愛知学泉大

第1試合の大阪体育大と愛知学泉大の試合。
1Qは、最大17点差、12-28の16点差で終了した。
愛知学泉大はNo.5小笠原選手、No.14園田選手が、
巧みなステップでインサイドを切り崩し得点を重ねる。

大阪体育大はエース竹本がブレーキ。
司令塔田上もファールトラブルで出場機会が限られてしまった。

愛知学泉大が1Qの勢いそのままに、
最大30点差ほどをつけゲームを支配し試合終了。

この試合、愛知学泉大を勝利に導いたのは、
ルーキーガードのNo.16薮田選手だった。
得点ではもちろん、ディフェンスで大きく貢献。
スティールは両チームトップの5。
大阪体育大の反撃の勢いをそぐスティールが目立った。

大阪体育大は反撃が遅すぎた。


拓殖大 59-61 筑波大

第2試合の拓殖大と筑波大の試合。
関東2強の対戦も、1Qをリードしたチームが勝利した。

堅守の筑波大が拓殖大の個人技を抑え、
1Q序盤、拓殖大は無得点の時間帯が続く。
初得点が決まると拓殖大もいつものプレイを取り戻し、
6点差で1Qを終える。

そこからは一進一退の攻防が続き、
見所のある好ゲームとなった。

筑波大No.4の大鷹選手、拓殖大No.11佐藤選手のマッチアップ。
大鷹選手が3Pシュートを沈めれば、負けじと佐藤選手も3Pを沈める。

4Q、拓殖大のゾーンプレスが奏功。
筑波大を追い上げるが、タイムアップ。
ルーキーガード水谷の献身的なプレイがチームを支え、
2点差で筑波大が勝利した。

[ 順位決定戦 ]
早稲田大 62-73 松蔭大
山形大 69-72 関西外国語大

早稲田大 66-52 山形大
松蔭大 80-75 関西外国語大
拓殖大 84-83 大阪体育大

[ 決勝 ]
筑波大 87-85 愛知学泉大

最終順位は以下のとおり。

1位:筑波大(5年ぶり9回目)
2位:愛知学泉大
3位:拓殖大
4位:大阪体育大
5位:松蔭大
6位:関西外国語大
7位:早稲田大
8位:山形大

よろしければワンクリックお願いします。


Community テーマ - バスケットボール(日本)  ジャンル - スポーツ
 
11 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

10 12


 
 
FC2カウンター
 
フリーエリア

ジオターゲティング
 
WJBL試合結果
 
 
プロフィール

バスケ狂の豚

Author:バスケ狂の豚
小学生のころは少年野球をやっており、将来の夢は「プロ野球選手」だったが、中学生の部活見学で訪れたバスケ部の顧問が超恐い先生で、「辞めます」の一言が言えずにそのまま入部。それがターニングポイントとなり、いまではバスケ暦20年。気付いたら、「下手の横好き」で「飛べない豚」の「バスケ狂の豚」が完成していた。

 
フリーエリア
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
ブロとも申請フォーム
 
全記事表示リンク
 


ARCHIVE RSS